ルーレット攻略法

ルーレット攻略法

カジノの女王とも呼ばれ、何百年という歴史を持つルーレット。海外の映画やドラマのカジノのシーンにもよく出てきますよね。詳しいルールは知らなくても、とりあえず賭けてみることができるので、初心者プレイヤーに人気のあるゲームともいえるでしょう。そんないたってシンプルなゲームだからこそ、いくつかのテクニックを知っておけば、勝利のチャンスがぐっと向上します。ここでは、2つの代表的な攻略法をご紹介します。

自分にあったベット方法を見つけよう

数あるルーレットのベット方法に共通しているのは、“連敗しているときのロスをできるだけ抑える”もしくは“連勝しているときの勝利金を最大にする”のいずれかを目標としていることです。

もちろん、ルーレットは賭け事ですからベット方法を改善したからといって負けを防げるわけではありません。そのかわりに、ベット予算のすべてを1~2回のスピンでなくすようなことはなくなりますので、その分、勝つチャンスが増えるというわけです。

 

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、ルーレットと同じくらい古くからある攻略法です。賭け方はいたってシンプルで、負けたらベット額を倍にし、勝ったらそのままのベットでプレイするというもの。

負け額をカバーするのに十分な予算がある限り、何回連敗しても一度勝てば戻ってくるというのがこの方法の魅力です。ただし、うまくこの方法を利用するためには、勝つ前に予算を使い切ってしまわないよう、ある程度低いベットからスタートする必要があります。ベット予算とテーブルリミットを考慮してベット額を決めましょう。

 

逆マーチンゲール法(パーレー法)

マーチンゲール法は短期戦には効果的ですが、長くプレイを続けると大きな負けを被ることになる場合があります。長くゲームを楽しみたいなら、マーチンゲール法に比べてリスクの低い逆マーチンゲール法を試してみるという手もあります。

その名のとおりマーチンゲール法の逆で賭けていきます。つまり、勝った場合に賭け額を2倍にしていきます。その後、負けが出た場合には、元のベット額から再スタートします。連勝中にしっかり稼いで、連敗しても損失額を最低限に抑えるというのがこの攻略法の狙いです。

 

どっちがいいの?

攻略法のあるなしに関わらず、プレイヤーの多くは、勝利後のベット額を増やす逆マーチンゲール法に似た賭け方をする傾向があります。波に乗っているからと賭けを続けたい気持ちは最もですが、ここで忘れてはいけないのがルーレットは偶然が勝利を決めるゲームであるということです。過去の結果は次の結果を予測するものではありません。ルーレットでの連勝は単なる偶然以外のなんでもないのです。勝つたびにベット額を倍にしていけば、いつかは勝利金全額を上回るロスが出ることは避けられません。

さらに、逆マーチンゲール法の弱点は、黒字で勝負を終えるためには、最初のスピンで勝たない限り連勝しなければならないところです。また、せっかく連勝して資金を増やしても、1回負けるとすべてがなくなってしまいます。逆に、この攻略法の良いところは、連勝すれば、少ないベット予算でも、それなりの勝利金を手に入れることができます。どこでストップするかを決め、それを実践できれば、高額勝利の可能性は十分にあります。

では、マーチンゲール法はどうでしょうか。まず、ベット予算にある程度の余裕がなければ、この方法を効果的に実践することはできません。おそらく、最終的に勝利するまでのベット額は、かなりの金額まで上がっているでしょう。下手をすれば、勝てる前にベットの予算を全部使ってしまったなんていうことも十分あり得ます。逆に、たとえ連敗しても、一度でも勝つことができれば利益が出ることになります。

ルーレットは偶然が勝利を決めるゲームではありますが、ベット方法がペイアウトに大きく影響するゲームであることは確かです。どちらの攻略法を使うかはプレイヤー次第です。どの攻略法にもメリットとデメリットがありますので、プレイヤーそれぞれのベット予算やプレイスタイル、プレイ環境などに合わせて、上手に使いこなしていくことが大切です。また、カジノゲームには、ここで挙げた2つの攻略法のほかにも、いろいろな攻略法がありますので、興味のある方はもっと詳しく調べてみるのもおもしろいかもしれません。

 

コメントを残す