ビットコイン(BTC)の買い方/儲け方/今後の予想などをプロが解説

目次
ビットコイン(BTC)とは|Bitcoin
  ・歴史
  ・ビットコインの仕組み
  ・ビットコイン買い方|Bitcoin
  ・ビットコインチャートの見方
  ・ビットコイン儲け方
  ・おすすめ購入時期
ビットコインの現状と今後|Bitcoin
  ・通貨としての利用
  ・犯罪に利用される可能性
  ・国際的なビットコインの規制
  ・ビットコインの急落
  ・今後の予想

ビットコイン(BTC)とは|Bitcoin

ビットコイン

ビットコイン(BTC)とは、今や時価総額No.1、74兆円にものぼる仮想通貨(暗号通貨)です。
ビットコインは、Bitcoin、略称でBTCと呼ばれています。
今では、仮想通貨を知らない方でもビットコインを耳にしたことはあるはずです。
ビットコイン(BTC)は20008年に誕生した、世界初のブロックチェーン技術を使用したデジタル通貨(電子通貨)です。
ブロックチェーンとは、ビットコインのすべての取り引きをまとめた記録台帳に該当します。
日本でいうところの紙幣発行元で貨幣の流通量を調整したり、取引に規制や干渉したりする日本銀行などの管理者は存在していません。
ビットコインも電子マネーには該当しますが、コンビニエンスストアなので購入できるプリペイドカードの類とは異なり、国によって管理されていません。
Suicaなどはチャージ式のICカードと呼ばれる電子カードですが、こちらも国の管轄下です。
ビットコインでは、核となるグループは存在していても国ではありません。
本記事では、仮想通貨の代表格となるビットコイン(BTC)の歴史、仕組み、ビットコインの買い方や資産運用としての儲け方などを今後の予想を含めてみなさんに分かりやすく解説してみました。

歴史

ビットコイン(BTC)の歴史について解説をします。
ビットコインの歴史を遡ると、2008年10月末ごろに“サトシナカモト”という方がネット上に突然公開した論文“Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System”からはじまったようです。
このサトシナカモトというの偽名で、日本人ではありません。
サトシナカモトさんはオーストラリア国籍のロンドン在住の起業家であったという説が有力となっています。
サトシナカモトさんがこの論文を発表した背景には、論文公開直前の2008年9月に起こった金融危機、”リーマンショック“により、米ドルの大量発行で中央集権に対する不信感が世論として起こっていたことがあったようです。
2009年1月にはその論文からブロックチェーンを生成した“Hal Finney(ハル・フィニー)”という方によりビットコインが開発され、50ビットコイン(BTC)を手数料0で取引が成功したことにより世に送り出されたと言われています。
ビットコインのスタート時の価格は0円でしたが、※マイニングにかかる手数料が追加されて1ビットコイン=0.07円という価格になりました。
ビットコインの有名なエピソードとしては、2010年5月22日に、ビットコインの開発者“ハル・フィニー”さんがピザをデリバリーで注文し、現金の代わりに1万ビットコインと交換された話があります。
2022年9月3日現在、ビットコインは1BTC=約280万円なので、280万円×1万で280億円で取引されたことになります。
この歴史的なエピソードを祝して、毎年5月22日には“ビットコイン・ピザ・デー”として世界中でセレモニーが行われています。
そのビットコインは2009年10月にはじめて法定通貨からビットコインに交換することに成功し、当時の価格は5,050ビットコイン(BTC)がたったの5.02ドルで購入できたようです。
投資家たちは年々このビットコインの価格変動に注目するようになり、2021年11月には1ビットコイン(BTC)=770万円という史上最高の価格となり、この世に数えきれないほどの“億り人”を輩出することになったのです。
早い段階からビットコインに注目した人はすごいですよね!
2011年6月に、早くもビットコイン初のバブル期が到来し、1ビットコイン=3,000円ほどにまでなりましたが、2011年末には1ビットコインが300円台にまで急落し、この頃から将来の大きな価格変動の予兆があったようです。
2012年に仮想通貨取引所、有名なコインチェックが設立されたことにより、日本国内でもビットコインの名が広まっていきました。
価格変動を繰り返したビットコインですが、2014年に闇サイト”シルクロード”と関連した資金洗浄にビットコインが利用され、主犯格となる“Charlie Shrem(チャーリー・シャーム)”が逮捕され、ビットコインの価格は急落しました。
その後、2016年にはビットコインは5万円台にまで上がり、翌年には12万円台、さらに2018年には一気に価格が上がり、1ビットコイン=170万円台にまで上がりました。
しかし、2019年に中国政府が仮想通貨での取引を全面的に禁止したことからビットコインは1BTCあたり41万円ほどにまで急落しました。
そしてビットコインは2021年に過去最高となる約770万円(1BTCあたり)となり、今年2022年1月には激しい価格の上下の末、1BTC=546万円ほどになりました。
現在は1ビットコインの価値が280万円なので、いかに短期間での価格変動が大きいかが分かりますね。
以上がビットコインの歴史とこれまでの変遷になります。

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組みについて初心者向けに分かりやすく解説をしてみたいと思います。
ビットコインには“ブロックチェーン”という技術が使われています。
ブロックチェーンは、ビットコインの全ての取引をまとめたネット上の台帳です。
トランザクション(取り引き)データをブロックで管理してチェーン上に分散管理をしています。
データの改ざんが困難で安全性が高いので、ビットコインにはじまった‘このブロックチェーン技術は、全ての仮想通貨(暗号通貨)で使用されています。
またビットコインは特定の国によって管理されておらず、法定通貨ではないので、政府の規制や干渉を一切受けないというのが大きな特徴となります。
ビットコインは、誕生した当初から発行枚数が2100万枚という上限が設けられていることが大きな価格変動を引き起こす原因となっています。
ビットコインは、ブロックチェーンを利用して世界中どこへの送金もたった10分程度で完了してしまうという送金スピードの速さが魅力です。
もちろん、個人間の送金も同様です。
また、ビットコインの取引手数料は無料です。
さらに海外でビットコイン対応の加盟店でショッピング、飲食などをすれば支払いはビットコインのまま、わざわざ訪れた国の法定通貨に両替をする手間が不要です。
これがビットコインの仕組みです。

ビットコイン買い方|Bitcoin

次にビットコイン(Bitcoin)の買い方について解説をします。
国内からビットコインを購入する際の買い方について分かりやすく説明をしてみたいと思います。
ビットコインを購入するには仮想通貨取引所への登録が必要です。
有名なところだとコインチェック(Coincheck)があります。
大手企業のDMMも取引所があります。
取引所に登録をすると、最低500円―1,000円程度の取引から様々な特典が用意されています。
仮想通貨の取引所に登録が完了したら、自分の口座に日本円で入金しましょう。
コインチェックなら、モバイルアプリがあるので、モバイルアプリを開き、”入出金“メニューから銀行振込で簡単に入金をすることが出来ます。
その後、”取引所“と”販売所“のどちらか好きな方を選んでビットコインを購入します。
取引所というのは、ビットコインを売りたい人が価格を提示していて、買い手とマッチングすれば取引が成立するという買い方が出来ます。
一方で、販売所は、業者がビットコインの価格を提示していて、予め提示された金額でビットコインを購入できるという買い方です。
お好みの方法でビットコインを購入しましょう。
ビットコインを購入する際には1ビットコインからではなく、コインチェックでは、0.001BTCから気軽にビットコインを購入することが出来ます。
まだビットコインをお持ちでない方は発行枚数が限られているので、第2次超価格変動を狙って少額からでもビットコインを購入してみると良いでしょう。

ビットコインチャートの見方

ビットコインのチャートの見方について、初心者向けに解説をしてみたいと思います。
ビットコインに限らず、仮想通貨(暗号通貨)にはチャートというものがあります。
チャートはビットコインの価格変動をグラフにしたものです。

このチャートを利用して世界中の投資家たちはビットコインの買い時、売り時を見極めています。

大手取引所のGMOコインのチャートを元に解説してみます。
ビットコインに限らず、仮想通貨のチャートは主に下記の3種類を見ることが出来ます。
・ローソク足
・ライン
・エリア
どのチャートをチェックしても指定期間が同じであれば見え方の違いだけでデータとしては同じです。

仮想通貨

上記のチャートはローソク足チャートです。
ローソクが連続して立っているように見えることからこの名がつけられています。
ビットコインは小刻みに価格が変動するので、1分~24時間、週、月まで幅広くデータを分析できるようになっています。

また、数字化されたデータも公開されており、15分~1日単位での最高取引額と裁定取引額も表示されています。

A picture containing timeline

Description automatically generated


ビットコインのチャートの見方としては、“ゴールデンクロス”と”デッドクロス“をおぼえておきましょう。
ゴールデンクロスはグラフが下から上に突きあがる前のデータ交差ポイントで点です。
デッドクロスは逆に上から下に急激に下がる前のターニングポイントとなる点です。
どちらもビットコインを売買するタイミングを見る上で非常に大切です。
最初のうちはこのチャートをスパン別に細かくチェックしながらデータ取りをして価格変動の波を勉強していきましょう。
同時に世界の時事関連ニュースを見ながら世界情勢を把握することも、仮想通貨の運用をしていく上では非常に大切です。

ビットコイン儲け方

ビットコインの儲け方は主に6種類あります。
順を追って細かく解説をしてみたいと思います。
ビットコインの儲け方1:現物取引
大体の仮想通貨ユーザーはこの現物取引からはじめます。
ビットコインを購入した時点での価格より上がった時に売る儲け方で、短期、長期で取引をする方がいます。
チャート分析などを細かくする必要がないため、仮想通貨初心者に最も適した儲け方になります。
ビットコインの儲け方2:レベレッジを利用した儲け方
レベレッジは取引所ごとに内容が異なりますが、残高の〇倍まで取引が出来るといったサービスです。
このレベレッジを利用することで、万が一ビットコインの価格が購入時よりも下がった場合でも利益を出すことも可能になります。
リスクヘッジを考慮したビットコインの儲け方としておすすめです。
ビットコインの儲け方3:ポイントサイトを利用して細かく儲ける
げん玉などに代表されるポイントサイトでは、取引所に登録するだけでも高額なポイントがもらえます。
そして貯まったポイントは、ビットフライヤー/BitFlyerで100ポイントごとにビットコインと交換することが可能です。
厳密にはTポイントとの交換になるので、予め、お小遣い稼ぎサイトのポイントをTポイントに交換しておく必要があります。

ビットコインの儲け方4:積み立てにより儲ける
取引所最大手のコインチェック(Coincheck)では、月々1万円からビットコインを積み立てることが出来ます。
そして、注目すべきはコインチェックが自動売買をするタイミングです。
コインチェックでは、ドルコスト法と呼ばれる手法で、価格が安い時にビットコインを大量に購入し、そのレートでユーザーに積み立てがされていきます。
堅く運用して儲けたいという方には非常におすすめの儲け方になります。
ビットコインの儲け方5:保有するビットコインを貸し出すことで儲ける
ビットコインに限らず、仮想通貨では、自分が保有する仮想通貨を貸し出すことで儲けることが出来ます。
年率は最大貸出額の5%となっており、契約期間は様々ですが、絶対に損をすることがない儲け方になります。
ただし、薄利なので大きな利益を取ることは出来ません。
ビットコインの儲け方5:余剰金利での投資をして儲ける
投資運用にリスクはつきものですが、そもそも使ってはいけないお金、または稼ぎ以上にお金を過剰投資してしまうことも上手な儲け方とは言えません。
なので、ベーシックですが余剰資金(無くなっても良いと思える額)の範囲で投資をしてくことが、特に初心者にとっては堅い儲け方ということになります。
ビットコインの儲け方6:Pos通貨を保有することで儲ける(現在はイーサリアムのみ)
PosはProof of Steak(プルーフ・オブ・ステーク)というビットコインの承認方式です。
こちらは一定額を保有しているだけで利益が取れる、銀行で言うところの金利です。
ステーキング報酬と呼びます。
これを現在進めているのがイーサリアム(ETH)ですが、時価総額2位のイーサリアムが取り組みを始めたことで、近い将来、ビットコインでもこの方法で儲けることが出来るようになることは確実です。

おすすめ購入時期

ビットコインのおすすめの購入時期について解説してみます。
ビットコインは時価総額1位の仮想通貨(暗号通貨)です。
発行枚数が2100万枚という限定があることからも、これまでの価格変動はかなり大きくなっエいます。
変動率のことをボラティリティと言いますが、ビットコインの運用はまさにハイリスク・ハイリターン、ボラティリティはかなり高いです。
2021年11月に1BTCが770万円ほどになりましたが、2022年9月現在では1BTCあたり、280万円程度で取引がされています。
一般的に、ビットコインのおすすめの購入時期は、これまでの価格変動の動きから、最高価格よりも半額以下になった時と言われています。
なので、今がちょうどビットコインのおすすめの購入時期となります。
まだビットコインの運用をされていない方は、是非、この機会に優良取引所で登録をして運用をスタートしましょう。

ビットコインの現状と今後|Bitcoin

ビットコイン(Bit Coin)の現状と今後について解説します。
ビットコインは米国のインフレの影響で、現在の価格は下落傾向にあります。
現在は1BTCあたり270万円台を推移している傾向にありますが、今年はさらに大きく下落すると言われています。
米国のインフレの背景には、金利の大幅な上昇と、USTという比較的安定していた新仮層通貨の大暴落なども影響しています。
今年はビットコインの購入の良いタイミングとなりそうですので、価格変動の行方をマメにチェックするようにしましょう。

通貨としての利用

ビットコインは通貨として利用することも出来ます。
法定通貨のように、人的に流通量をコントロールしたりすることは出来ませんが、ブロックチェーンを介して取引履歴が管理されているビットコインはとても安全性が高いです。
今では、海外旅行などでも、ショッピングや宿泊、食事などでビットコインを通貨としてそのままお支払いが出来る加盟店が増えています。

犯罪に利用される可能性

金融犯罪を取り扱うサイバーセキュリティ―では、世界を大混乱させたコロナウイルス以降、
ビットコインを狙ったサイバー攻撃が加速していくと予想しています。
ビットコインがサイバー攻撃の対象となると予測する背景は、ビットコインが最も普及率が高く、時価層が核が高い仮想通貨だからです。
各国政府がセキュリティー対策の強化をしていますが、サイバーテロ集団も手法を変えてきており、今後大規模なサイバーテロが起こらないとも言えない状況です。
また、匿名性の高いビットコインは、マネーロンダリング(資金洗浄)にも利用できる可能性があります。
マネーロンダリングではオンラインカジノも狙われていますが、判断基準は主に一定額の取引の継続か否かという点になります。

国際的なビットコインの規制

国際的なビットコインの規制は将来的には導入されてくる可能性があります。
世界の主要20か国で構成されている金融安定理事会では、昨今のステーブルコインの大暴落などの現状を重く受け止め、監督者のいないビットコインをはじめとした国際仮想通貨の規制の枠組みと監督体制の整備の急務が提案されています。
ただ、仮想通貨の国際基準となる枠組みもまだできていないので、国際的なビットコインの規制にはかなり時間がかかる三年となっています。

ビットコインの急落

ビットコインの急落は2021年末から、今年2022年上半期にかけて起こりました。
このようなビットコインの大暴落が起きた大きな要因は、FRBの過剰な利上げ、Terraの大暴落などが影響したと言われています。
TerraはUSD(米ドル)や韓国のウォンと連動したステーブルコイン(価格が安定しているコイン)です。
最近では比率1:1のUSDTもステーブルコインとなります。
これまでの経緯から、ビットコインの急落が起こる主な原因は、金融政策の引き締め、法規制の強化、仮想通貨全体のネガティブな世論の増加などが挙げられています。

今後の予想

ビットコインの今後の予想について解説してみます。
ビットコインは2022年1月には1BTCあたり400万円台で推移していましたが、2022年9月現在は270万円台にまで落ち込んでいます。
アメリカの経済回復には、GDP(国内総生産)かなり時間がかかるとの見通しもあることから、ビットコインの価格の上昇はしないと予想する専門家が増えています。
イギリスのウォール街に住まいを置く専門家たちの意見では、近い将来、ビットコインの価値が1BTCあたり10,000ドルに近づく暴落が起きると予想しています。
ただ、大手のイギリスの仮想通貨専門サイトでは、50%の確率で上昇、ドイツのアナリストの予測では今年中に4万ドルを超えるとも予想しており、新ためてビットコインの価格予想の難しさを感じます。
どちらを信用するかはみなさん次第ですが、当サイトとしては、世界情勢、法規制への取り組みの観点からも、価格下落を予想しています。

ビットコインの運用はぜひオンラインカジノでチャレンジ!

ビットコインはオンラインカジノでの入出金で利用することが可能です。
オンラインカジノは、リアルマネーでネット環境さえ整っていれば、いつでも国内のどこからでもアクセスして本格的なカジノゲームを楽しむことが出来ます。
ビットコインでオンラインカジノに入出金するメリットは、何と言っても取引時間の圧倒的な早さです。
また、入出金手数料もビットコインなら無料です。
オンラインカジノでは、スロットでは1スピンあたり0.1ドルから、”カジノの王様”と知られている大人気のバカラをはじめとしたライブカジノでは1ドルから遊べます。
さらに、オンラインカジノでは、入金するだけでもらえるボーナスオファーが多数用意されています。
最初から軍資金を倍にして遊ぶことが出来ます。

オンラインカジノで遊ぶならラッキーニッキー(Lucky Niki)が絶対おすすめ

2015年ごろから徐々に国内でもオンラインカジノが広まっていきましたが、2022年現在、コロナウイルスによる外出規制などの影響もあり、これまでにない大人気となっています。
オンラインカジノを提供しているサイトはたくさんありますが、最もおすすめなのは、今年で5周年を迎えているラッキーニッキーです!
ラッキーニッキーをオススメする理由は、ビットコインでの入出金が可能な点と、ボーナスオファーがどこよりも充実している点です。
この記事を読んでくれている方だけに、ラッキーニッキーの初回入金特典を大公開しちゃいます。
ラッキーニッキーでは、無料登録後に初回入金をすると、選べる2つの特別オファーが要されています。
★初回入金の100%最大$1,000の業界最大のウェルカムボーナス

ラッキーニッキー

ラッキーニッキーにはじめて登録した人限定で、入金額の100%、最大1,000ドルの超特大ボーナスがみなさんを待っています。
1,000ドルをビットコインで入金した場合、軍資金を最初からダブルにできちゃいます。
★初回入金の50%最大500ドルまでキャッシュバック!

ラッキーニッキー

ラッキーニッキーでは、初回入金に対して50%分、最大500ドルまでの初回入金キャッシュバックがあります。
先ほどの最大1,000ドルのウェルカムボーナスとの併用はできませんので、どちらか好きな方を選びましょう。
キャッシュバックは、仮に負けてしまっても、残高が1ドル未満になれば入金額の50%がキャッシュでそのまま戻ってくるという嬉しい大人気のプロモーションとなっています。
ここまでの大還元サービスが出来るのも、大手のラッキーニッキーならではです。
さらに、ラッキーニッキーでは安心の日本語対応のカスタマーサービスがあるので、初めての方でも安心して利用することが出来ます。
ゲーム数も業界最大値となる3,000ゲーム以上を取り揃えています。

ビットコインでオンラインカジノを遊ぶならラッキーニッキーで決まり!
ラッキーニッキー(Lucky Niki)への無料登録はこちらからどうぞ

ラッキーニッキー

まとめ
いかがでしたでしょうか。
今回はビットコイン(BTC)の歴史や儲け方、今後の動向などについてまとめて詳しく解説してみました。
今後も本サイトでは、みなさんに有益となる金融に関するお話、お得な資産運用に関してどんどん情報を提供してまいります。
また是非当サイトに遊びに来てくださいね。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

Support Chat
Support サポート
Line Line@
Promotions プロモーション
Login ログイン