仮想通貨(暗号資産)とは?オススメ仮想通貨と入金方法など詳細を解説

ラッキーニッキー

もくじ
仮想通貨(暗号資産)とは
  ・仮想通貨の取引方法
おすすめ仮想通貨
  ・ビットコイン(BTC)| BitCoin
  ・イーサリアム(ETH)| Ethereum
  ・リップル(XRP)| Ripple
  ・バイナンスコイン(BNB)| Binance Coin
  ・エイダコイン/カルダノ(ADA)| Cardano
仮想通貨おすすめ取引所
  ・コインチェック | Coincheck
  ・GMOコイン
  ・ビットフライヤー | bitflyer
  ・バイナンス | Binance
  ・DMMビットコイン
オンラインカジノでも仮想通貨が使える!
  ・仮想通貨を使った入出金方法

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨

はじめに、仮想通貨、通称”暗号通貨“とは何なのかを初心者向けに分かりやすく解説をしてみたいと思います。
仮想通貨(暗号資産)の特徴をよく理解して、仮想通貨取引所で取引が出来るようになるところまで解説をしてみたいと思います。
最近流行のオンラインカジノでは仮想通貨ユーザーが激増しています。
その理由やオススメオンラインカジノサイトまで紹介してみたいと思います。
仮想通貨と言えば記憶に新しい、ビットコイン(BTC)の価格高騰による多数の”億り人”誕生が記憶に新しいです。
ビットコイン(BTC)の正式名称はBitcoinで、まだ2年前の2020年7月からわずか1年未満で1ビットコインあたりの価格が7倍以上にもなったことで知られています。
では、そもそも仮想通貨(暗号資産)とは何なのか、仮想通貨は電子データのみの取り引きとなる通貨です。
無形なのが特徴で、法定通貨のような価値が保証されておらず、法的効力を持たないデジタル資産のことです。
法定通貨のように価値が保証されないという意味は、仮想通貨には価値の保証がなく、国が管理しているわけでもなく、特定の管理者が存在しないということです。
世界で初めてとなる仮想通貨が先ほど触れたビットコインです。
ビットコインは2009年に誕生しました。
その後、イーサリアムなど、ビットコインから派生した仮想通貨(暗号資産)が次々と誕生して、仮想通貨の利便性や価値変動が高いことも理由となり、国内ユーザーも爆発的に増えて現在に至っています。
仮想通貨はデジタル通貨なのですが、プリペイドカードなどとは異なり法定通貨ではありません。
仮想通貨の定義は日本銀行では以下のように定義づけをされています。

・代金支払いに代用することが出来て、法定通貨と交換ができる
・電子に記録され移転することが可能
※上記は日本銀行の“賃金決済法”の一部概要です。

仮想通貨は、ブロックチェーンを利用した暗号化された資産であり、データの改ざんなどの心配がなく、匿名性も高いことから大人気となりました。
仮想通貨は2年前の2020年に法改正に基づいて暗号資産が正式名称となりました。
また、仮想通貨は匿名性が高く、入出金スピード(取り引きスピード)も速く、瞬時に確実に行われることから、最近ではオンラインカジノの入出金方法としても非常に人気があります。

仮想通貨の取引方法

仮想通貨の取引方法について詳しく解説してきたいと思います。
仮想通貨の取引を始めるためには、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。
また、仮想通貨取引所で口座を開設する為には、本人確認書類(KYC)が必須です。
仮想通貨の取引の流れは以下の通りです。
①本人確認書類の準備(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

②仮想通貨取引所で口座を開設する

③預金(最低500円程度から)をする

④仮想通貨の運用スタート

預金は日本円で入金することが可能です。
仮想通貨(ビットコインなど)を購入して運用スタートとなります。

それでは、順を追って解説していきます。
①本人確認書類の準備(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

仮想通貨の取引を始めるには、仮想通貨の取引所への登録が必要になります。
取引所への登録の際には、登録メールアドレス、登録電話番号の認証の他、本人確認書類(KYC)の認証が必要となります。
KYCはKnow Your Customerの略で、金融取引の際には必ず必要になります。
人気の仮想通貨取引所、ビットフライヤー(bitFlyer)の本人確認は、以下のようになっています。
・日本の官公庁発行の本人確認書類であること
個人の場合
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・在留カード
上記は全て有効期限内の書類であることが条件
法人の場合
・登記事項証明書
発行日から6か月以内であることが条件
個人または法人かによって異なりますが、上記に挙げた書類のどれか1つをデータで送信する必要があります。
個人で口座を開設する場合は、顔写真がある書類であることが前提となっています。

【本人確認書類を送る際の注意事項】
・両面漏れなく写真を撮ること
※パスポートの場合はパスポートNo.が記載されているページの見開き2ページの写真が必要です。
・ピントがずれている写真、指で必要な情報の一部が隠れている写真、反射により写真が不鮮明であるもの、汚損してしまっている写真などは全て審査対象外となります。
上記に気を付けて書類の準備及び写真を撮っておきましょう。
②仮想通貨取引所で口座を開設する
本人確認書類を準備したら、仮想通貨取引所で口座を開設してみましょう。
仮想通貨取引所では新規口座開設の際に様々な特典が用意されています。
仮想通貨の取引所はたくさんありますが、有名なところだと下記がオススメです。
おすすめの仮想通貨取引所と新規口座開設の特典は以下の通りです。

★おすすめ仮想通貨取引所/2022年下半期最新版
・bitFlyer-新規口座開設+1万円以上の入金で、抽選で15名に最大5万円プレゼント
・Coincheck-新規口座開設+入金で1,500円分のビットコインをプレゼント
・DMMBitcoin-新規口座開設で2,000円プレゼント
・GMOコイン-新規口座開設+500円以上の取引で毎日10名に抽選で1,000円プレゼント
おすすめの仮想通貨取引所の詳細は次の章で解説をしていきます。

初心者に特におすすめなのはCoincheckです。
Coincheckは、東証一部上場の”マネックスグループ“の傘下にあるので、信頼性は群を抜いて優秀です。
最低取引価格は500円と安価ですし、モバイルアプリは機能が充実している上に簡単に操作が可能です。
仮想通貨は17種類も対応しており、取引手数料も全て無料となっております。
Coincheckが対応している仮想通貨は以下の通りです。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ネム(XEM/NEM)
・ファクトム(FCT)
・リスク(LSK)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)

現行の仮想通貨は、マネーロンダリングのリスク対策として使用が禁止されている通貨を除いて、現行の仮想通貨をほぼ網羅しています。
また、Coincheckでは、取引手数料と入金手数料が全て無料となっています。
出金手数料は1回あたり400円ほど取りますので、出金の際にはある程度まとまった金額を一度に引き出すのが良いでしょう。
是非、お好みの取引所を上記の中から見つけて登録してみましょう!
③預金(最低500円程度から)をする
仮想通貨の取引所で口座開設をしたら、実際に入金をしてみましょう。
口座への入金は下記の3種類から選べます。
①ネットバンキングを利用して入金
②銀行振込で入金
③コンビニエンスストアから入金
コンビニエンスストアや銀行振込だと取引所の手数料は無料でも、各種仲介手数料がかかってきます。
なので、一番お得なのはネットバンキングを利用して入金をすることです。
モバイルアプリを利用して、日本円で入金をすることが可能です。
最低入金額は各取引所によって異なります。
お好みの金額の入金が完了したら、仮想通貨を購入しましょう。
ただし、入金したから必ず仮想通貨を購入しなければならないということはありません。
仮想通貨で運用したい場合はお好みの仮想通貨(暗号資産)を購入してねということですね。
購入方法は色々ありますが、取引所で仮想通貨を購入するのが一番早いです。

仮想通貨

上記はビットフライヤー(bitFlyer)の画面です。
仮想通貨(ビットコイン)購入の手順は下記の通りです。
①”取引所“をクリック
②ビットコイン(BTC)の数量を選択
③価格(JPY=日本円)を確認
④”買う”を選択して購入
また、例としてビットコイン(BTC)では世界で見た場合には0.00000001BTCから購入が可能です。
国内の取引所では0.01BTCから購入が出来るので、現価の100分の1で購入が出来ます。
現在の1BTCがおよそ279万円ですので、3万円未満から購入することが可能となります。
意外と高いと感じる方も多いと思いますが、2017年にはリップルが400倍、イーサリアムで約180倍、そしてビットコインは24倍にまで一気に価格が急騰した事実から、買い時問うものは存在しますが、夢の“億り人”になる大きな夢があるのが可能通貨の運用です。
一度仮想通貨(暗号資産)を口座に入れておけば、後は価格が上下するので、価格が下がった時に追加で購入、逆に上がった時は仮想通貨を売ることで資産運用が可能となります。

おすすめ仮想通貨

仮想通貨(暗号資産)の取引所に口座を開設してみたけど、どの仮想通貨(暗号資産)が良いか分からないという方のために、おすすめの仮想通貨について解説してみたいと思います。
それぞれの仮想通貨の特徴を抑えて、

ビットコイン(BTC)| BitCoin

ビットコイン(BTC)| BitCoin

最もおすすめな仮想通貨はビットコイン(BTC/BitCoin)です。
ビットコインは、”サトシナカモト“という人によって2008年に誕生した仮想通貨です。
実運用は翌年の2009年からになりますが、ビットコインは※時価総額が最も高く、発行枚数も2,100万枚と限定されていることも価格高騰の大きな原因となっているため、投資家から最も注目をされています。
米最大手銀行のJP・Morgan(JP・モルガン)銀行も1ビットコインあたり最大で1,500万円まで行くのではないかと予想しているほどです。
ビットコインへの投資は、世界各国の政府や大手企業も参入しており、投資の目から見た注目度もNo.1の仮想通貨(暗号資産)です。
※時価総額は仮想通貨の価格と発行数量を掛け合わせた金額です。
暗号資産の価値を計る数値とも言い換えることが出来ます。
ちなみにですが、ビットコインの時価総額は53兆8,024億円(2022年9月2日時点)です。

イーサリアム(ETH)| Ethereum

イーサリアム(ETH)| Ethereum

2番目におすすめの仮想通貨は、2015年に登場したイーサリアム(ETH/ Ethereum)です。
時価総額はビットコインに次ぐ第2位で26兆7,409億円(2022年9月2日時点)となっています。
イーサリアム(ETH)はビットコインから派生した仮想通貨ですが、注目すべきはビットコインにはないスマートコントラクト機能がある点です。
スマートコントラクトは契約の自動執行を意味していて、条件が満たされれば自動契約処理をしてくれます。
契約情報がブロックチェーン上に自動で書き込みが行われるので、低コストでデータ改ざんのリスクは非常に少ないのも大きな特徴です。
仮想通貨市場ではビットコインのシェアが圧倒的ですが、長い目で見た場合、ビットコインを超える可能性があるのはイーサリアムしかないとう方も少なくないようです。

リップル(XRP)| Ripple

リップル(XRP)| Ripple

リップル(XRP)| Rippleは国際間の送金に特化した仮想通貨(暗号資産)です。
リップル(XRP)は中央集権型ではなくリップル(Ripple)という企業によって運営されています。
異なる法定通貨間の送金に適しています。
送金速度も速く、送金手数料も非常に安いことで知られている仮想通貨です。
送金速度だけで言えばビットコインの10分程度を大きく上回る数秒程度という速度で処理されます。

バイナンスコイン(BNB)| Binance Coin

バイナンスコイン(BNB)| Binance Coin

バイナンスコイン(BNB/ Binance Coin)は、2017年に香港で開設された世界最大とも言われる仮想通貨取引所、Binance(バイナンス)が発行している仮想通貨(暗号資産)です。
短期間で人気が爆発した理由は、圧倒的な手数料の安さにあります。
バイナンスコイン(BNB)の取引手数料は0.1%と定められており、未だに1バイナンスコインが500ドル未満という安価も魅力の仮想通貨となっています。

エイダコイン/カルダノ(ADA)| Cardano

エイダコイン/カルダノ(ADA)| Cardano

エイダコイン(カルダノ(ADA)/Cardano)も非常に優れた仮想通貨(暗号資産です)
エイダコイン(カルダノ(ADA))のプラットフォームは証拠とか科学的根拠に基づいて作られている為、正確でミスのない取引が大きな特徴です。
エイダコイン(カルダノ(ADA))はCardanoが発行しているネイティブトークンです。
時価総額4兆1880億円で史上第6位の仮想通貨です。
またエイダコイン(カルダノ(ADA))には2つのウォレットがあります。
1つ目のウォレット、ダイダロスは強固なセキュリティーを強みとしており、主にビットコインとイーサリアムで利用されています。
2つ目のウォレットとなるヨロイウォレットは、ADAに特化したウォレットで、スマートフォンでのアプリ上での利用に適しています。

仮想通貨おすすめ取引所

仮想通貨おすすめ取引所について解説をしてみたいと思います。
先ほど少し触れましたが、この章ではさらに詳しく解説をしてみたいと思います。
仮想通貨(暗号資産)を運用していくためには取引所で口座開設をすることが必須となっています。
取引所はどこでもいいわけではなく、金融庁に登録されている安全で優良な取引所を選ぶことがとても大切になります。
金融庁に登録されておる取引所は2022年9月2日現在で35社ほどありますが、中でも、特におすすめ出来る取引所を5社に絞ってみなさんにご紹介してみたいと思います。

コインチェック | Coincheck

コインチェック | Coincheck

コインチェック (Coincheck)は親会社が東証一部上場している超優良取引所です。
最安値となる500JPY(500円)からビットコインが購入できるほか、初心者でも扱いやすいシンプルなモバイルアプリにも対応しています。
対応仮想通貨も17種類と取引所の中でも最多数で、積み立てなど、通常運用や取引以外のサービスも充実しています。

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場の優良企業グループ、CMOインターネット㈱によって運営されている仮想通貨取引所です。
取引通貨は17種類もあり、最大2倍のビバレッジ取引にも対応しています。
ビバレッジ取引は口座残高の2倍まで取引が出来ることで、後ほど紹介するDMMビットコインとほぼ同様のサービスを提供しています。
DMMビットコインとの違いは取引を2つの場所から選べるという点です。
GMOコインでは【取引所】、【販売所】の2種類から取引を選べます。
”取引所“は需要と共有のバランスで決まるリアルタイム取引となっており、”販売所“では運営会社が提示する価格で取引が出来ます。
それぞれ、対応仮想通貨の数と手数料が異なりますが、ユーザーとしては価格とバランスを見ながら仮想通貨を購入できる大きなメリットがあります。

ビットフライヤー | bitflyer

ビットフライヤー | bitflyer

ビットフライヤー (bitflyer)は直近の2021年に国内最大の取引量を記録した超大手の仮想通貨取引所です。
ビットフライヤー (bitflyer)は超一流の取引所なので、株主には有名な大企業が多く名を連ねています。
取引量の多さから信頼度と信用という面においてはNo.1と言えるでしょう。
ビットフライヤーでも、GMOコイン同様に、取引所と販売所の2種類から取引を選ぶことが出来ます。
さらにビットフライヤーの大きな特徴として、仮想通貨の現物、先物、特にFXでの取引が盛んな人気のbitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)があります。
レバレッジは2倍まで可能です。
安心の電話対応により日本語サポートがある点も初心者には特に嬉しいポイントです。

バイナンス | Binance

バイナンス | Binance

バイナンスコイン(BNB/ Binance Coin)は、2017年に香港で開設された世界最大とも言われる仮想通貨取引所、Binance(バイナンス)が発行している仮想通貨(暗号資産)です。
短期間で人気が爆発した理由は、圧倒的な手数料の安さにあります。
バイナンスコイン(BNB)の取引手数料は0.1%と定められており、未だに1バイナンスコインが500ドル未満という安価も魅力の仮想通貨となっています。

DMMビットコイン

DMMビットコイン

DMMビットコインはグループ企業を含めて2,000億円以上の総売り上げを誇るDMMグループが運営している安全な仮想通貨取引所です。
DMMビットコインでは国内で最大となる23種類ものレバレッジ取引が魅力です。
レバレッジ取引とは、デポジット金額を担保にしてデポジット額の最大2倍まで先行取引が出来るサービスのことを言います。
またDMMビットコインでは、ビットコインの購入時に適正価格(適正相場)で取引が出来る”Bitmatch注文”があるのが大きな魅力です。

オンラインカジノでも仮想通貨が使える!

オンラインカジノでも仮想通貨が使える所が増えてきています。
近年、急激に利用者数が激増しているオンラインカジノでは、様々な入出金方法に対応しています。
ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも本格的なカジノゲームをリアルマネーで楽しめるオンラインカジノでは様々な入出金方法に対応しています。
クレジットカード、銀行振込、iWallet、ecoPayz、ポイントバックで有名なVenus Pointの後継となるベガ(VEGA)、入出金方法が充実しているラッキーニッキー(LuckyNiki)では、モバイルアプリに対応しているMuch Better(マッチベター)なども利用できます。
Much Betterは使えば使うほどポイントが貯まり、そのポイントを利用して現金などが当たる限定プロモーションに参加することが出来るのがお得です。
さらにMuch Betterでは仮想通貨を利用した出金も可能です。
さらにラッキーニッキーをはじめとしたオンラインカジノでは、ビットコインを筆頭に仮想通貨での入出金に対応してきているサイトが増えてきています。
特にオンラインカジノに限らずギャンブル全般においての過剰な投資、または定期的な金額の取引は、自己規制問題やマネーロンダリングなどの規制対象になることも珍しくはありません。
管理主体が明確な入出金方法(クレカや銀行振込など)は規制対象になりやすいですが、匿名性が高く、管理主体のない仮想通貨はこのような規制対象、規制強化により利用できなくなることはありません。
仮想通貨は価格変動が激しいので、変動により価値が大きく上がった直後などは仮想通貨の利用者が急増します。

仮想通貨を使った入出金方法

仮想通貨を使った入出金方法をオンラインカジノで利用する際にはメリットがたくさんあります。
オンラインカジノでビットコインをはじめとする仮想通貨を使った入出金方法を利用する一番のメリットは圧倒的に手数料が安いことです。
ビットコインは管理主体がないので手数料は無し、サイトによって手数料を独自に取るところもありますが、あってもごくわずかです。
また、入出金スピードが速いという点も仮想通貨をオンラインカジノで利用するユーザーが増えている大きな要素となっています。

まとめ
いかがでしたでしょうか?

今回は仮想通貨(暗号資産)の取引方法やおすすめの仮想通貨、おすすめの取引所、さらにランドカジノ同様のリアルなカジノゲームが楽しめるオンラインカジノでの仮想通貨を利用するメリットなどについて初心者向けに解説してみました。
当サイトではギャンブルや資産運用に関する様々なお役立ち情報をみなさんに提供してまいります。
また是非当サイトに遊びに来てくださいね。

仮想通貨でオンラインカジノを遊ぶなら還元率業界最大のラッキーニッキーへ!

Support Chat
Support サポート
Line Line@
Promotions プロモーション
Login ログイン