イーサリアム(ETH)の特徴/仕組み/儲け方/価格予想まで専門家が解説!

目次
イーサリアム(ETH)とは|Ethereum
  ・歴史
  ・イーサリアムの特徴
  ・イーサリアムとビットコインの違い
イーサリアムの仕組み|Ethereum
  ・イーサリアムチャートの見方
  ・イーサリアムの買い方
  ・イーサリアムの儲け方
  ・おすすめ購入時期
イーサリアムの今後|Ethereum
  ・ビットコインよりも将来性あり!?
  ・今後の価格予想

イーサリアム(ETH)とは|Ethereum

仮想通貨

イーサリアム(ETH/Ethereum)とは、ロシア系カナダ人のプログラマー、ヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)によって開発されたプラットフォームの名称です。
分散型のアプリケーションやスマートコントラクトを動かすことを目的としたプラットフォームです。
分散型アプリケーションは、”Dapp”と呼ばれ、ブロックチェーン技術を利用して、集積されたデータの改ざん、不正利用を防ぐ非中央集権型のアプリのことです。
非中央集権は、国や政府によって管理されていないということを言います。
スマートコントラクトは、ブロックチェーンのシステム上で、取引を実行するプロトコルのことです。
プロトコルは、簡単に言うと、通信の送受信の規格のことです。
そして、日本国内に限定されて、イーサリアム(ETH)内で使用されている仮想通貨(暗号通貨)のことも”イーサリアム”と呼んでいます。
イーサリアム(ETH)で採用されているスマートコントラクトでは、今までの数倍の人手、労力が自動化されています。
今回は、イーサリアム(ETH)の歴史、特徴、ビットコインとの違いや仕組み、買い方や儲け方、そして今後の予想などを包括的に分かりやすく、みなさんに解説してみたいと思います。

歴史

イーサリアム(ETH/Ethereum)の歴史について解説をしていきます。
イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次いで、時価総額の高い仮想通貨(暗号通貨)です。
仮想通貨では、ビットコイン以外の暗号通貨を総称して“アルトコイン”と呼びますので覚えておきましょう。
イーサリアム(ETH)の歴史は2013年11月に、ヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)によって開発されました。
ヴィタリック氏によって発表された“ホワイトペッパー”には分散型アプリケーションの複雑さを簡潔化させるスマートコントラクトの詳細が記載されていたと言われています。
この時、ヴィタリック氏はまだ19歳だったというから驚きです。
2014年7月にICOが実施されました。
ICOというのは、企業が指定の仮想通貨を発行して資金を得るテストのようなものです。
このICOでは、イーサが5,000万以上発行された結果、25,000ビットコイン以上の利益が出たと言われています。
当時のビットコインは1BTC=65,000円ほどですので、利益にすると16憶円を遥かに超える利益が試験段階で出ていたことになります。
イーサリアム(ETH)はその後、2015年5月にテスト環境が整い、プレリリースされた後、2か月後の2015年7月に一般リリースされました。
当初は、取引は成功したものの、ブロックチェーン上の台帳に取引が記録されないなどのバグが発生していました。
2016年3月には懸念されていたバグが修正され、独自のスマートコントラクトの手数料が新たに発生するようになりました。
同年6月に、TheDAO事件が発生します。
TheDAOとは、中央集権なしのスマートコントラクト技術を用いて、投資ファンドを設立するプロジェクトでしたが、このプロジェクトの安全性が確立される前に、およそ8,000万ドルにも及ぶイーサが盗難にあった歴史的な事件です。
具体的には、取引内容の詳細が第三者でも確認が出来てしまっていたことに起因したようです。
2017年10月16日に、プライバシー保護を完璧にするzk-SNARKs技術が採用され、一切の問題なく利用が可能となりました。
以上がイーサリアム(ETH)の歴史の概要です。

イーサリアムの特徴

イーサリアム(ETH)は時価総額でビットコインに次ぐ第2位となっており、投資家から非常に注目されている仮想通貨(暗号通貨)です。
この章では、イーサリアム(ETH)がなぜ、それだけ注目されているのか、魅力を含めて、イーサリアム(ETH)の特徴をみなさんに分かりやすく解説をしてみたいと思います。
イーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトを利用したブロックチェーン仮想通貨です。
イーサリアム(ETH)で使用される通貨は“ETH(イーサ)”と言います。
イーサリアム(ETH)の大きな特徴はスマートコントラクトを採用している点です。
スマートコントラクトで採用されているブロックチェーン技術は、最高レベルの安全性が確保されている為、万が一データ改ざんや不正取引があった場合はすぐに見つかります。
また、スマートコントラクトではこれまでかかっていた人的コストが大幅にカットされている為、価格も比較的低価格なので投資コストを抑えることが出来ます。
また、イーサリアム(ETH)のDeFi(分散型金融)では、中央管理者がない分取り引きスピードが格段に速くなった点も大きな特徴です。
2つ目の特徴は、ビットコイン(BTC)のように発行枚数に制限がないという点です。
発行枚数が限定されている場合は、ビットコインのように、価格が大きく変動しやすくなってしまいますが、イーサリアム(ETH)は安定した通貨の共有が可能なので、価格の変動が緩やかという特徴があります。
投資目的である場合もリスクを抑えることが可能です。
また、イーサリアム(ETH)を利用する大きなメリットは、誰でもオリジナルのERC-20トークンの作成が可能です。
トークンはブロックチェーンから発行された仮想通貨です。
これまでのブロックチェーン技術とは異なる技術を採用しており、資金の移動時に必要だった金融機関の仲介が不要になったというメリットもあります。
イーサリアム(ETH)は資金の移動管理が非常に簡単になりました。
これらが主なイーサリアム(ETH)の特徴です。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムとビットコインの違いについて解説します。
イーサリアム(ETH)はプラットフォームとしての要素が高く、ビットコインのように決済用仮想通貨とは違います。
開発者はビットコインがサトシ・ナカモトという謎の人物であるのに対し、イーサリアム(ETH)はヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)というカナダ人のプログラマーという違いもあります。
イーサリアム(ETH)は独自のマイニングにより生成時間を12秒ほどに短縮しています。
一方でビットコインのブロックチェーンでは10分ほど生成時間がかかっていたという点も

イーサリアムとビットコインの違いになります。

イーサリアムの仕組み|Ethereum

イーサリアム(ETH/Ethereum)の仕組みはビットコイン(BTC)と基本的には同じになります。
マイニング方式であることは共通していますが、イーサリアム(ETH)にはスマートコントラクトがあります。
イーサリアム(ETH)では、仲介がない分、取り引きスピードも速く、取引データが公開されるため、取引の安全性、透明性が大幅にこうしているのが仕組みとして大きな違いになっています。
イーサリアム(ETH)はビットコインと同じマイニング方式、Pow(Proof Of Work/プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。
Powのデメリットは膨大な量の計算をするためにかなりの電力負荷がかかってしまうという点です。
イーサリアム(ETH)は2023年に予定しているイーサリアム2.0への大型システムアップデートで、マイニングシステムをPoS(Proof Of Stake)への変更を予定しています。
Powのデメリットを解消し、保有している暗号資産の割合により、ブロックに格納されていくため、消費電力がかなり抑えられます。

イーサリアムチャートの見方

イーサリアムのチャートの見方を解説します。
イーサリアムに限らず仮想通貨では、個人売買の取引所と、取引所の適正価格で暗号通貨を購入できる販売所があります。
どちらもチャートの見方は同じですが、今回は販売所のチャートの見方を実例を挙げて解説してみたいと思います。

Graphical user interface

Description automatically generated

上記は大手の優良取引所、GMOコインのイーサリアム(ETH)のチャートです。
イーサリアムのチャートは、下記の3種類から見ることが出来ます。
・ローソク足―ローソクが立っているように見えることから命名されたチャート
・ラインー上記の画面のようにラインで見えるチャート
・エリアーラインの下が塗りつぶされたエリアで見るチャート
イーサリアムのチャートは横軸が時間を表していて、縦軸が価格を表しています。
時間ごとの価格変動を1画面で把握することが出来ます。
チャート解析時間は1分から最長で1か月迄細かく設定してチャートを見ることが出来ます。
このチャートの波を読んで売買するタイミングを見極めるのに役立つのがこのチャートです。

Chart

Description automatically generated

GMOコインのような取引所では、瞬間でタイムリーにチャートと連動して売買価格が分かる販売所レートも公開されています。
過去のレートの比率の増減が分かるだけではなく、予算に応じで、現在の価格でイーサリアムをどれぐらいの量が購入できるのかをシミュレーションすることも可能です。
イーサリアムのチャートの見方として大切なポイントは、チャート全体の形状から今後の波を予測することが大切です。
例として、チャートを指定スパンでブロックとしてみた時に、過去の例では“W”字のグラフが出来ていたといます。
この時にそのWの両端の点が同じ高さになることは滅多にありません。
どちらかが下がり、どちらかが上がっているのが普通です。
W時の高さが下がっているときには買い時、逆に上がっているときには売り時になります。
価格変動が比較的緩やかと言われているイーサリアムでも、価格変動のスピードは早いので、過去の波を現在の世界情勢と合わせて、今後の波をチャートから予測して売買の取引の役立てます。
これがチャートを見る理由であり、イーサリアムの運用の上で大切な点となります。

イーサリアムの買い方

イーサリアムの買い方について解説します。
イーサリアム(ETH)の買い方は下記の3ステップで誰でも簡単に買うことが出来ます。
1:優良仮想通貨の取引所に登録をして口座開設
2:日本円を自分の口座に入金
3:イーサリアムを購入
仮想通貨の取引所への登録はKYC(本人確認)があるので、3-4実働営業日は見るようにしましょう。
日本円での入金とイーサリアムの購入は即時です。
手数料とサポートの手厚さからみて初心者にオススメの優良取引所はDMMグループが運営するDMM Bitcoin(DMMビットコイン)です。
取り扱い仮想通貨にはイーサリアムも含まれています。
日本円を取引所の口座に入金する方法は、銀行振込、コンビニ経由での入金、モバイルアプリからのクイック入金などがあります。
イーサリアムの買い方は、取引所にアクセスして、販売所をクリック、取り扱い仮想通貨の中からイーサリアムを選択し、口座の残高の範囲でどのぐらいの量のイーサリアムを購入するのかを自動計算で選択し、購入するをタップまたはクリックで完了です。
また、取引所によっては、口座残高の2倍以上まで取引が出来るレバレッジを利用してお得にイーサリアムを購入することも出来ます。

イーサリアムの儲け方

イーサリアムの儲け方について解説します。
イーサリアムの儲け方にはいくつか種類がありますが、初心者向けに最も簡単な儲け方としては、イーサリアムを購入した価格よりも価値が上がった時点で売る、値上がり利益を得る儲け方です。
また、イーサリアムの別の儲け方としては先物取引もあります。
先物取引では一定期間経過後(例:1か月後など)にイーサリアムを売却することを約束すると取引により儲けることが出来ます。
このイーサリアムの儲け方で活用すべきなのはレバレッジ取引です。
口座残高の数倍(2倍までが多い)の取引を事前にしておくことで、指定期間経過時でイーサリアムが値上がりしていれば大きな利益を得ることが可能です。
マイニングで儲けることも可能です。
取引量に応じて報酬を得ることが出来るもので、イーサリアムの儲け方としては、取引量が多ければ確実に儲かります。
その他、レンディング(貸出し)で儲けることも可能です。
イーサリアムを一定量保有している方にオススメです。
一定量のイーサリアムを保有してレンディングをすることで、最大年率5%の利益を取ることが出来ます。
仮想通貨のベテランユーザーの中には、アービトラージという方法で、イーサリアムで利益を出している方もいます。
アービトラージというのは、仮想通貨取引所間の価格差を利用して儲ける手法で、複数の取引所への登録及びイーサリアムの残高保有が必要となります。
イーサリアムの儲け方はこのように非常に多岐にわたります。

おすすめ購入時期

イーサリアム(ETH)のおすすめ購入時期について解説します。
イーサリアムでは、下記の条件が揃った時に値上がりしやすいと言われています。
以下の条件を参考にして頂き、ベストなおすすめ購入時期を見極めて頂ければと思います。
・大手企業や著名人がイーサリアムに対してポジティブな発言をして話題になった直後
またイーサリアムを長期期間での運用を検討している場合は、今のうちに価格が下がったタイミングでイーサリアムを大量に購入しておくこともおすすめです。
その理由は3年後ぐらいにイーサリアムは大きな価値変動があり、値上がりが予想されているからです。

イーサリアムの今後|Ethereum

イーサリアム(Ethereum)の今後の見通しについて解説します。
イーサリアムは、今年、2022年有名企業との業務提携が確実と言われています。
イーサリアムの業務提携は、イーサリアムの企業連合(EEA)に大手企業が加入することを意味しています。
加入を予定している企業は、トヨタ、KDDI、そしてマイクロソフト社、インテル社などが挙げられています。
またNFT(非代替性トークン)の急激な成長により、イーサリアムの需要はますます高まっていくことも予想されています。
NFTはブロックチェーン技術+デジタルデータの組み合わせで複製が出来ないようになっている為、オリジナルトークンの発行を可能にしています。
また、これまでに、“ロンドン”や“The Merge”などの大型アップデートをしてきたイーサリアムは来年、2023年に更なる大型アップデートを予定しています。
イーサリアムの今後の見通しとしては明るいニュースが多く、今は買い時と言えるでしょう。

ビットコインよりも将来性あり!?

イーサリアムはビットコインより将来性があると言われています。
2023年にはビットコインを上回る時価総額になると予測している投資家も多いです。
その理由は大型アップデートで期待されているPoSへの移行です。
実現できれば膨大な取引量によって生じる電力の99.9%も削減できると言われており、一気にビットコインを超えてくると言われているからです。

今後の価格予想

イーサリアムの今後の価格予想についてお話ししてみます。
イーサリアムの時価総額は、現在ビットコインに次いで第2位となっています。
2022年9月現在、イーサリアムの価格は$1,280ほどですが、アップデートからしばらく経過した2025年に大幅に価格の上昇が予想されています。
今後の業務提携の予定企業には米最大手銀行のJPモルガンも候補に挙がっており、イーサリアムの信頼性の高さが伺えます。
2031年ごろにはイーサリアムの価格は$5,000以上になるとも言われています。

仮想通貨で入金するならラッキーニッキー(Lucky Niki)がおすすめ!

最後に仮想通貨で遊ぶことの出来るオンラインカジノサイトをご紹介したいと思います。
仮想通貨の運用利益を利用して遊ぶことが出来ます。
オンラインカジノサイトでは、オンラインスロット、ウェブカムを通して本物のディーラーとランドカジノさながらの興奮が味わえるライブカジノ、その他テーブルゲーム全般やバーチャルスポーツなどをリアルマネーで遊ぶことが出来ます。
遊んで勝利したお金は、KYC(本人確認書類)を提出することで、出金が可能です。
オンラインカジノサイトは国内に100以上とも言われますが、日本語に対応していて、日本語でのサポートがあり、信頼できる超優良サイトは残念ながらごくわずかです。
当サイト一押しはラッキーニッキーです。
ラッキーニッキーは2017年に国内向けにオンラインカジノゲームの提供をスタートさせた運営実績の長いインラインカジノサイトです。
監査の厳しいマルタ共和国発行の運営ライセンスMGAを取得しています。

ラッキーニッキーのおすすめポイント!

・仮想通貨(ビットコイン)での入出金に対応
・ゲームは業界最多の3,000ゲーム以上
・無料登録のみで$30もらえる
・初回入金で選べる2つのビッグな特典がある!!
〇初回入金の100%最大$1,000のウェルカムボーナス
または、
〇初回入金額の50%最大$500キャッシュバック
・入出金方法が豊富
・参加権利を購入して参加するタイプと無料の2種類のトーナメントを毎日開催
・VIPのマイレベルを上げて最大$20,000のプライズをゲットできるPrize Twister(プライズツイスター)がある
・銀行振込の手数料の一部をバック
・勝利金が最も発生しているゲームが一目でわかる“HOT or COLD”がある
・丁寧で質の高い日本語カスタマーサポート完備
ぜひ、興味のある方は下のオフィシャルリンクから無料登録して、仮想通貨で遊んでみて下さいね。

ラッキーニッキー

まとめ
いかがでしたでしょうか?
今回は時価総額2位の人気仮想通貨(暗号通貨)として知られているイーサリアム(ETH/Ethereum)について、徹底解説をしてみました。
今後の予想も取引価格の上昇が予想されているため、大注目の仮想通貨です。
来年、2023年の大型アップデートの前に、お好みの優良取引所に登録して、イーサリアムの運用に向けて準備をしておきましょう!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Support Chat
Support サポート
Line Line@
Promotions プロモーション
Login ログイン